×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【名称】 黒髪お小夜祭り
【開始/終了時間】 16時頃 / 21時頃 
【最終演舞/場所】 未確認 / 未確認

2006/08/14)訪問

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

【動画】
 
【訪問履歴】
動画は御座いません......... <(_ _)>
※か〜な〜り画質が悪くなっておりますがご了承下さい。
 
2006年08月14日初訪問
※各訪問日をクリックするとそのページへ

 【備考】
江戸時代、浦土(現、渡瀬)に住むお小夜が港で働いていたとき、輪島の船乗り重蔵と恋仲になった。二人は夫婦になることを約束し、お小夜は村へ帰り重蔵を待っていた。しかし、重蔵は航海の途中に遭難して帰らぬ人となった・・・・・それを知ったお小夜は、毎日剱地の琴ヶ浜に立ち重蔵の死を悲しんでいた・・・・・そして、お小夜はついに海に身を投げてしまった・・・・・・・・ 村人たちはお小夜の霊を慰めるため、海の見える八幡に祠を建てた・・・・・・・・・
しかし、たびたび剱地の沖を通る船を止めてしまうため、海の見えない上代に神社を建て、お小夜の黒髪を祀ったと言う・・・・・・・・

上代も含めここら一帯は仁岸郷と呼ばれ、黒髪神社は仁岸郷の総社。 毎年8月下旬には、郷社祭りとして仁岸郷上げての壮大な祭りがあったと言う。
しかし、昭和37年で中止となってしまった・・・・ 39年の時を経て平成13年に黒髪神社奉賛会を組織し、黒髪神社仁岸郷社祭「黒髪お小夜祭り」として復活したとのこと・・・・・・・・
16時頃黒髪神社で神事が執り行われ、その後「泣き砂」で有名な琴ヶ浜へ行き、再度神事が執り行われる。
その後は、街中を練り歩き、黒髪神社へ帰って行く・・・・

ブラウザの「戻る」で、お戻りください。

<注意事項>
※上記時間帯・場所等は、その年の状況等によって変動・変更する場合があるので、あくまで目安です。
※系統は、管理者の感性にて分類した「図.獅子舞の分類」より記載しております。
※動画は断続的に撮影したものを1ファイル3MB(約2分45秒)以下になるよう、時には静止画を交えて短く再構成されたものです。
※記載されているコメントに付いては、管理者BUCHIの気力が残っている時のみ記載しています。記載のないものについては後々追記していこうと思って
おります。 ご不都合な点、ご不快な点、また他ご意見がありましたら、どうぞ容赦無くコチラ(掲示板)又はコチラ(BOX)申し付けて下さい。・・・・・・・・・・
(掲示板では、内容の記入のみ必須で、お名前やメールアドレスなどの記入は特に必要御座いません。)